Asus zenfone 3の5.5インチ版が日本でも発売。4GB/64GBモデルで価格は5.2インチ版の3000円増し

先程、AsusがAsus Zenfone 3の5.5インチ版、Zenfone 3 ZE552KLの国内リリースを発表しました。

5.5インチのZenfone 3は海外ではZenfone 3シリーズの中で最初に発売されたある意味「基本モデル」で国内での販売を望む声は少なくありませんでした。

バッテリー容量は3000mAhで5.2インチの2650mAhよりもかなり大きめ。

ちなみに国内で発売される5.5インチモデルのメモリは4GB、ストレージは64GBのバージョンとなっています。

国内の5.2インチ版は3GB RAM/32 GB ROMなので、スペックもアップしていることになります。

なお、価格は税込みで¥46,224となっておりこれはちょうど税抜価格では5.2インチ版の3000円増し。

カラーバリエーションは今のところブラックとホワイトのみで発売日はまだ不明。

3000円アップでメモリが1GBアップ、ストレージが倍増ならば結構オトクな感じもします。

が、まあ、単に5.2インチ版の国内価格が高すぎただけ、とも言えると思います。