arrows NX F-01Jの価格は「売る気なし」のボッタクリ? Xperia XZ SO-01Jより格下CPU搭載で価格は1万以上高い!

201611291027

ドコモの冬モデル、arrows NX F-01Jの発売日および価格が判明しました。

発売日は12月2日、価格は以下の通り:

・一括価格:
93,312円

・機種変実質価格① (シェアパック10~30、ウルトラシェアパック50・100、データM・Lパック、
ウルトラデータL・LLパック契約時):
37,584円

・機種変実質価格②(シェアパック5、データSパック契約時):
37,584円

・新規価格①  (シェアパック10~30、ウルトラシェアパック50・100、データM・Lパック、
ウルトラデータL・LLパック契約時):
42,768円

・新規価格②(シェアパック5、データSパック契約時):
53,136円

・MNP価格①  (シェアパック10~30、ウルトラシェアパック50・100、データM・Lパック、
ウルトラデータL・LLパック契約時):
26,568円

・MNP価格②(シェアパック5、データSパック契約時):
26,568

はっきり言って高いですね。

Xperia XZ SO-01Jと比べると一括価格では1万円以上高くなっています。

オプション加入の場合でもMNP価格①以外では5千円以上F-01Jの方が値段が上。

このarrow NX F-01Jはクアルコムのミッドレンジ向けチップ、Snapdragon 625を搭載しています。

一方、Xperia XZ SO-01JはSnapdragon 820搭載。

確かにS625はミッドレンジながら燃費もかなりよく安定性に優れており、非常に優秀なチップではと思います。

それでもS625搭載機でハイエンド機顔負けの価格の他機種は見たことがありません。
(おま国ボッタクリ価格と言われたS625搭載の国内版Asus Zenfone 3ですら4万円ちょっと)

そして同じキャリアから同メーカーの格下CPUチップを搭載した機種が上位チップを搭載した機種よりも高いというのはやはりちょっと異常

富士通からの卸値が高いのか、はたまたドコモが異常なマージンを上乗せしているのかは我々には知る良しもありません。

一昔前のドコモの「ツートップ」時代、GalaxyとXperia以外の機種が異様な高さで「売る気あんの?」といった印象を受けた時期がありますが、なんかこの暗黒の時代を彷彿とさせますね。

コメント

  1. 古明地さとり より:

    今期はXperiaより魅力たっぷりの端末たくさんありますからねぇ。Xperia基準というのはもう終わったようです。