夏モデルのAQUOS R2と思われるシャープ初のSD845搭載モデルのスペックが発見、その他ラインナップも判明

シャープの2018年モデルラインナップがリークされていました。

ただ、ここで言う2018年モデルはヨーロッパ向けのもので以下にハイエンドからローミッドレンジまで合計5モデルのスペックが掲載されています。

中でも目を引くのがE-F1というIGZO液晶を搭載の6インチ・フラッグシップ。

SharpとしてはSnapdragon 845を初めて搭載した機種で、スクリーン比率も3040:1440とかなりワイド。ベゼルもかなり狭くなっています。

ただ、6インチで3000mAhバッテリーというのはちょっと電池持ちが心配です。

シャープは昨年より今年、ヨーロッパでも本格展開をすると公言していましたが、まさに有言実行といった感じ。

こうなると気になるのは国内の夏モデルとしてリリースされるAQUOSシリーズ。

Snapdragon 845搭載機種を複数リリースするとは考えにくいので、やはりこのE-F1が国内ではAQUOS R1もしくはAQUOS R2、各キャリアでの型番はドコモがSH-03K、au版がSHV42になる可能性が高そうです。

コメント

  1. 蜜柑 より:

    比率も3040:1440じゃなくて18:9なんじゃないの?
    それはただの解像度でしょうに。