AQUOS R SH-03JのAndroid 8.0アップデートの提供中断、圏外+SIMカード認識不具合

昨年12月7日にAndroid 8.0アップデートが提供された12月7日に提供、ドコモの昨年夏モデル、AQUOS R SH-03J。

本日、ドコモが同モデル向けのバージョンアップの提供中断の発表をしました。

理由は通信不安定や圏外表示になる不具合が確認されたため、とのこと。

この症状、実は昨年のアップデート提供直後からネット上に複数の報告が挙がっており、具体的には画面上に「SIMカードがありません」的なメッセージが出てロック画面に戻ってしまうという症状。

AQUOS R SH-03Jはドコモ版では最初にバージョンアップが提供された機種。

メジャーOSのアップデートに不具合は付きものなので、それ自体は仕方がないと思います。

それにしてもアップデート提供から1ヶ月以上、複数の報告が挙がっていてさらにこれだけ時間が経ってからしか問題の認識および対処ができないというのはかなりよろしくないと思います。

ちなみにこの問題、少なくともソフトバンク版AQUOS Rでも発生が確認されており、同様に1月12日付けでAndroid 8.0アップデートの提供が中断されています。