AQUOS R Compact、ドコモ冬モデルとしてリリースの可能性大。商標登録が確認

ドコモ、au、ソフトバンクの気になる冬モデル(2017-2018冬春モデル)。

先日、リリース確定機種とドコモの公式発表会は10月中旬になりそう、という件についてお伝えしました

そして今回、この2017年冬モデルに加わる可能性が極めて高いシャープのAQUOSシリーズの存在が確認されました。

201709180921

その名も「AQUOS R Compact」。

8月30日付で商標登録の出願がされており、タイミングからすると今冬モデルに向けた製品であると思われます。

ドコモ版がリリースされればAQUOS R Compact SH-01K、au版はSHV40、ソフトバンク版は701SHになると思われます。

兄貴分のAQUOS Rは「大人気」とまでは行きませんが、最近のAQUOSシリーズの中ではかなり話題性の高かった機種で評判も上々。

また、同モデルの小型版をリリースして欲しい、という声もチラホラみかけていました。

AQUOS Rは2017年夏モデルでドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアからリリースされているので、同様の扱いとなる可能性は高いと思われます。

一方で、Xperiaのコンパクトシリーズのように、Compact版はドコモのみ(あるいは他のキャリアのみ)の扱いという可能性も否定はできません。

今冬のコンパクトモデルとしてはXperia XZ1 Compactが少なくともドコモの冬モデルとしてリリースされることが確実となっていますが、これにこのAQUOS R Compactが加わればユーザーにとっては嬉しい悩みどころとなりそうです。