【閲覧注意】Apple Watchの発熱で重度のヤケドを負ったとの報告-デンマークのユーザ

201511241040

アップルのスマートウォッチ、「Apple Watch」で、本体の発熱が原因とみられるかなり重度な火傷報告が挙がっています。

このデンマークのユーザー、Apple Watchを着けていたところ、腕に突然激痛が走り、急いで時計を外してみたところ、以下の様な火傷をしていたとのこと。

201511241050

201511241049

201511241054

画像を見る限り、バンドに沿ってヤケドをしているようなので、ひょっとするとApple Watch本体の熱が金属バンドに伝わって発熱したのかもしれませんね。

ただ、最後の画像を見る限り、バンドは本体から少し離れたところが焦げたように変色しており、本体近くのベルト部分は特に変化はない模様。

よって本体から熱が伝わったと考えるにはちょっと不自然ですね。

また、見方によってはヤケドというよりも、金属バンドが腕に強く擦り付けられたような傷にも見えます。

Apple Watchでは確かに過去にもいくつか火傷の報告はありますが、ヤケド箇所は本体が肌に触れていた部分のものばかり。

以下の画像のように、ヤケドの程度も軽症のものばかり。

201511241059

今回のここまで酷い「ヤケド」報告は初めてだと思われます。

アップルも調査中とのことなので、続報を待ちたいところですね。

ところでこのApple Watch、国内だとまず着けている人を見かけないのですが(たまに見かけるとラッキー!と思ってしまうほど)、実際の人気ってどうなんでしょう。