スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

テイラー・スウィフト、Apple Musicを痛烈批判-トライアル期間に楽曲使用料が支払われない

   


201505041011
今月末より米国などの一部地域でサービスが開始されるアップルの新音楽ストリーミング・サービス「Apple Music」。

このサービスについて、米国の超人気シンガー、テイラー・スウィフトが批判をしてちょっとした話題になっているようです。

このアップルミュージックは$9.99の有料サービスですが、最初の3ヶ月間は無料で使用できるトライアル期間があります。

テイラー・スウィフトが批判しているのはこの無料トライアル期間のアーティストへの支払いについて。

このサービス、当然再生回数などに応じてアーティストに楽曲使用料が支払われるわけですが、無料期間中はアップルからミュージシャンに対しても一切楽曲使用料が支払われないとのこと。
つまり、同氏はこの無料トライアル期間自体を批判しているのではなく、この3ヶ月間、アップルがミュージシャンに対して一切支払いをしないという点。

スウィフト氏はこれについて、「ショッキングであり、残念、そして最先端の寛大な企業らしくない」と批判。

このコメント、Appleに対する公開レターの形で掲載されたもので、さらに「変更はまだ間に合います。私達はiPhoneを無償でくれとは言いません。どうか、私達に無償で音楽を提供しろと言わないでください」と、結構強烈な意見をぶつけています。


ちなみに同氏は最新の人気アルバム”1989″をこのApple Musicには提供しないことを発表しています。

ただ、同時に「これは私についてではありません。これはまだデビューしたての若いミュージシャンについてです。」ともコメント。

つまり、彼女のようなすでに十分収入のある有名アーティストはともかく、まだインディーレベルにいいるマイナーなミュージシャンにとって、3ヶ月間も支払いがない、というのは死活問題ということですね。

音楽業界の「常識」がどういったものなのか、私には分かりません。

ただ、自分たちのサービスを一定期間無料するからといって、楽曲提供者にもなにも支払わないというのは、世界有数のリッチな企業にしてはケチ臭いですね。

これではアップルは事実上、なんのリスクも取らず自社製品のプロモーションを行うということなので、まさにタダ乗り

かなり自己中なような気もしますね。

 - Apple, Apple Music, iPhone, 評価