ios 8.4/8.4.1でApple Musicのバグ?ストリーミングで空き容量がどんどん減ってしまうとの症状

201508230244

iOS 8.4からサービス提供開始となったApple Music。

iTunesやiCloudのライブラリとの同期に問題が発生するなど、なにかと問題が多いようですが、新たにストレージ関連のトラブルも発生しているようです。

具体的には、Apple Musicのストリーミングで音楽を聞いていると、端末のストレージ空き容量(使用可能領域)がドンドン減少し、最後には容量不足のメッセージが出てしまう、というもの。

一方、使用済み領域そのものには現れないとのこと。

この症状、最終的に使用可能領域がなくなると、「ストレージの空き領域がありません」という警告メッセージがでてアプリのダウンロードができなくなったり、」ストリーミング再生中にミュージックのアプリがクラッシュしたり、他のアプリの動作に影響をおよぼすこともあある模様。

Apple Musicなど、通常のストリーミングでも、ある程度のキャッシュが貯まるものは分かります。

ただ、キャッシュは通常、一定量を超えると古いもの、あるいは不必要なものから自動的に削除されるはず。

ところが、Apple Musicでは本来キャッシュ的に消えていかなければならない音楽データがどんどん蓄積され、空き容量だけが減っていくというおかしな現象を引き起こしているようです。

この症状、8.4.1アップデート以降に報告が急増しているという印象を受けますが、どうやらiOS 8.4でもすでに症状はでていた模様。

また、特定のiPhoneモデルで発生している症状なのかは不明ですが、当然、比較的ストレージ容量の小さい旧モデルでの報告例が多いという印象を受けます。

Apple Musicのバグ?ストリーミングで空き容量がどんどん減ってしまうとの症状