Apple Music、サービス開始前にコケている模様。購読予定は1割以下

201506110948
アップルが先日のWWDCで発表した新しい音楽ストリーミングサービス「Apple MUSIC」。

米国などではiOS 8.4のリリースとともに6月30日からサービス開始となりますが、その事前人気についてはイマイチ、といったところのようです。

以下がphoneArenaがユーザーに対して行った「Apple Music」購読の予定についてのアンケート結果:

201506110945
7割以上が「No」、つまり「使用する予定はない」とはっきり答えており、購読予定者は全体の1割以下

確かに、このサービスにかぎらず、音楽ストリーミングサービスは山ほどあり、すでに飽和状態気味、という感じはします。
また、その多くは無料で利用可能。
宣伝の有無を気にする人でなければ、わざわざ月々10ドルも払う気はなかなか出てこないかもしれません。

また、有料サービスでもパンドラやSpotifyなど、強力なライバルに割って入るだけの魅力に欠けるという感じもしますね。