iPhone X、気温低下で本当に「フリーズ」する不具合が発覚、アップルはアップデートで改善を約束

201711092248

iPhone Xで発売当初より報告の多いフリーズ問題。

当サイトでもお伝えしたように、この不具合については一部で文鎮化につながるなど、結構深刻なケースも多いようです。

そして今回、これに関連してかこのiPhone Xのタッチ反応トラブルについての興味深い情報がでてきました。

The Loopが伝えたもので、これによるとiPhone Xでは気温が低い状態で使用をすると画面が反応せずフリーズするという症状が複数報告されているとのこと。

アップルは一応iPhoneが使用できる適正温度を0º ~35º Cとしていますが、オンライン上のユーザーにはこの範囲内でもフリーズが発生したという報告が複数あります。

一方、アップルもこの問題については認識しているようで以下のようにコメント:

“We are aware of instances where the iPhone X screen will become temporarily unresponsive to touch after a rapid change to a cold environment. After several seconds the screen will become fully responsive again. This will be addressed in an upcoming software update.”

「急激に温度が下がると一時的にスクリーンが反応しなくなる」とのことなので、実際の気温ではなく気温の「変化」が原因のようです。

寒い冬場はiPhoneだけでなくスマホでバッテリー残量がおかしくなったり、突然電源が落ちるといった症状はよく見かけますが、タッチパネルが無反応になるという報告はほとんど見たことがありません。

幸いアップル側も問題を認識しており修正予定とのことなので、それほど心配する必要はなさそうです。

ただ、気温に左右されてタッチパネルの反応がおかしくなるというのはハード的な問題のような気もするのですが、どうなんでしょうね。。。

ソース