アプリが頻繁に落ちる「〇〇が停止しました」不具合の原因と改善方法-開発者向けオプション編

201709071647

ここ最近、複数のAndroidユーザーより「アプリが落ちる」という不具合報告を見かけます。

症状としては開いているアプリが突然強制終了するケースもあれば、開いていないバックグラウンド・アプリが「〇〇が停止しました」というエラーメッセージとともに落ちるという症状もある模様。

FGOなどといったゲーム系アプリでの報告が多いようですが、その他、LINEやFacebook、Twitterといったアプリでも報告がみられます。

機種としてはXperiaやHuaweiユーザーからの報告が多いという印象ですが、おそらくこれは単にユーザー数の問題で、機種依存ではないと思われます。

このトラブル、はっきりとした原因は不明ですが、ちょっと調べてみた所、「開発者向けオプション」が一因であるケースが多い模様で、これをオフにすることで症状が改善あるいは軽減する場合が多いようです。

方法は:

「設定」→「開発者向けオプション」→一番上の「開発者向けオプション」のトグルをオフに

ちなみに、実際には問題は開発者向けオプションのオンそのものではなく、その中の「USBデバッグ」をONにしてることが原因、という指摘もありますが、これははっきりとしたことは不明。

まあ、開発者向けオプションは特別な理由がない限り、特に弄る必要のない設定。

効果がなければ元に戻せば良いだけのことなので、アプリが落ちる・強制終了するといった症状が多発している方はとりあえずダメ元で試してみることをおすすめします。

ちなみに私はここ最近、Xperiaの一部モデルでAmazonプライム・ビデオのアプリが開いてない状態の時にバックグラウンドで「停止しました」というエラーメッセージが出ることが頻繁にあったのですが、これをオフにしてからか、今のところは症状は収まっています。

コメント

  1. dsk より:

    USBデバッグは関係ない
    私はずっとOFFだが
    LINEが落ちるもん

  2. より:

    開発者オプションの外部ストレージへのアプリの書き込みを許可をオフにしたらLINE落ちなくなりました
    Android7.0 XperiaXZ docomo