バッテリー消費、ストレージ、パケ消費など、スマホのパフォーマンスを低下させるアプリ・ランキング-AVAST

セキュリティーソフトのAvastがスマートフォンにおけるリソース消費の多いアプリの2017年版ランキングを発表していました。

このレポートでは、世界中の300万人以上のAndroidユーザーから集めたデータを基に、バッテリー持ちや、ストレージ容量、データ通信量への影響などを総合的に判断し、「最も多くのリソースを消費する」とされるアプリをランキングにしたもの。

パフォーマンスを最も低下させるアプリ(総合)

バッテリー、ストレージ、データ通信容量を大幅に消費し、モバイル デバイスに与える全体的な負荷が最も大きいアプリ

起動時に実行され、パフォーマンスを最も低下させるアプリ上位 10 種

201708211703

このセクション、昨年のランキングではFacebookがトップだったのですが、今年はトップ10にも入っておらず、同アプリのリソース消費はかなり改善したようですね。

一方、サムスンのプリインアプリが1位と3位に不名誉なランクイン。これは昨年にはなかった傾向です。

ユーザーが実行している、パフォーマンスを最も低下させるアプリ上位 10 種

201708211704

ユーザー起動型アプリでもサムスン製アプリがトップ。そしてGoogleドュメントが続いています。

日本のユーザーが最もよく使うと思われるアプリではLINEが9位に入ってはいますが、これは昨年の4位から大きく順位が下がっています。

そして以下は上の総合ランキングの内訳ランキング↓

バッテリー浪費アプリ上位 10 種

起動時に実行され、バッテリー消費量が最も多いアプリ上位 10 種

201708211706

ユーザーが実行するアプリでバッテリー消費量が最も多いもの上位 10 種

201708211705

ストレージ使用量の多いアプリ上位 10 種

起動時に実行されるアプリでストレージ使用量が最も多いもの

201708211707

ユーザーが実行するアプリでストレージ使用量が最も多いもの上位 10 種

201708211708

データ トラフィック消費量の多いアプリ上位 10 種

起動時に実行され、データトラフィック消費量(パケット消費)が最も多いアプリ

201708211709

ユーザーが実行するアプリでデータトラフィック消費量(パケット消費)が最も多いもの

201708211710

こう見ると、LINEはどのセクションでも上位には入っていませんがやはりコンスタントに端末に負荷をかけているようですね。

また、パケ喰い虫としてはYahoo!アプリが3位に入っているのも意外です。

ソース