Android Nの正式ニックネーム、「Android 海苔」になる可能性が浮上

201602291226

早ければ夏頃にもリリースされると言われている次期アンドロイドOS、Android “N”。

バージョン番号が6.xになるのか、それともAndroid 7.0になるのかなど、まだまだ謎な部分の多いこの新OSですが、そのニックネームについては興味深いヒントがでてきました。

なんと、Android Nの正式ニックネームは」Android Nori」になるかも、というもの。

そう、あの海苔です。

以下がグーグルのAndroid エンジニアリング担当副社長、Hiroshi Lockheimer氏がTwitter上で呟いたもの。

関係者から得た情報によると海苔は健康に良いだけでなくとても美味しいおやつにもなる

という一見意味不明な発言。

PHANDROIDによると、これは次期アンドロイドの名前がAndroid Noriになる可能性についてのヒントではないかとしています。

もちろん、Android Nについて触れているわけではありませんが、確かに事前になんの会話もなく、突然Googleのエグゼクティブが「海苔」について発言するというのは非常に不自然。

“treat”はおやつやお菓子といった意味もあるようで、スイーツ=おやつ、とちょっと拡大解釈をすれば、海苔も十分にAndroid OSのニックネーム候補としてあり得る、ということでしょうか。

コメント

  1. anonymous より:

    treatってごちそうって意味で、おやつっていうニュアンスはないけど?
    それ以前に海苔っておやつなの?

    • ai より:

      確かにtreatはごちそうって意味もありますけど、アメリカ英語ではおやつっていうニュアンスもありますよ。英単語は複数の意味を持つ言葉が日本語以上に多いです。ハロウィンのtreatも今ではおやつ(チョコレートや飴等)という意味で使われています。否定するのであれば少し調べてからでも良いのでは。
      海苔がおやつに含まれるのかは疑問ですけど

      • anonymous より:

        ちゃんと調べてから否定していますよ。

        treatをおやつの意味で使うならtreatsと複数形にするのが通例。
        ハロウィーンで子供達が言う「trick or treat!」も「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!」って言うのは意訳であり、本来は 「Treat me or I’ll trick you.」の略で「私をちゃんとおもてなししなさい。さもなくばいたずらをしますよ」って意味。
        ここでは動詞であるtreatにお菓子やおやつと言ったニュアンスはどこにもない。