【豆】Android 6.0の壁紙は本物の「紙」から手作りされていることが判明

201510210026

Googleの最新OS、Android 6.0 Marshmallow。

実際にこの最新OSを搭載しているのはまだ一部のNexus機種のみですが、すでにこのOSで採用されている以下の様な「マテリアルデザイン」に合わせたAndroid OSのデフォルト壁紙を知っている人は多いのではないでしょうか?

201510210029

そんなAndroid 6.0のデフォルト壁紙がどうやって作られているか?という裏側を紹介した興味深い記事がありました。

同記事によると、アンドロイドの幾何学模様の壁紙シリーズはCarl Kleiner氏というアーティストが作成したもので、実はこれらの壁紙は質感の異なる実際の紙を組み合わせて作られているとのこと。

201510210032

201510210032

そして、最終的に幾何学模様に出来上がった本物の「壁紙」を写真撮影しているようです。

また、この実際の紙を使っての壁紙作りはマテリアルデザインが採用されたAndroid 5.0 Lollipopから始まったとのこと。

Android OSの壁紙、個人的にあまりデザインが好みでないこともあり、今まで特に深く考えたこともありませんでしたが、なんとなくコンピューターグラフィックで作られているんだろうな、と感覚的に思い込んでいました。

ただ、実際に人の手で作られている、と聞くとなんか改めて使ってみようかな、という気になります。

世界最先端のIT企業、Googleにも意外とアナログなところがあって面白いですね。