Android 6.0アプデ後のNexus 5、パフォーマンスが1割強アップの模様

先月上旬にリリースされたGoogleの最新OS、Android 6.0。

いくつかのバージョン変更のない「マイクロアップデート」を経て、かなりの割合のNexusユーザーに行き渡っているようですね。

(あくまで印象ですが、Nexus 7 2013にはほぼ100%、Nexus 5にも50-70%はOTAアップデートが降ってきているという感じがします)

さて、そんなAndroid 6.0の実力ですが、Nexus 5ではAndroid 5.1.1と比較してなかなかのパフォーマンス向上が見られるようです。

Android PITが行ったAndroid 6.0アップデート前後でのベンチマークスコアの比較で明らかになったもの。

以下が6.0にアップデート前、Android 5.1.1搭載のNexus 5:

201511121429

以下が6.0にアップデート後のNexus 5:

201511121431

同じ個体で、Android 6.0バージョンアップ後に1割強、マルチスコアがアップしているのがわかります。

もちろん、全ての個体、あるいはモデルでAndroid 6.0アプデ後に同じようなパフォーマンスが向上できるとは限りません。

実際、同じNexus 5でマシュマロにアップデート後に動作がカクつくといった報告や、ウェブの読み込みが遅くなったという報告もちらほら見られるので、環境差も大きいと思われます。

また、GeekbenchでのNexus 5の6.0 vs 5.1.1のスコアを比べると、今のところ、あまり大きな差は見られないという印象を受けます。