Android 6.0、OTAアップデート提供を中断の模様。異常バッテリー消費問題で6.0.1準備中?


201510301429

今月前半からNexus機種に対して始まったGoogleの最新OS、Android 6.0 MarshmallowへのOTA(WiFi経由)アップデート。

どうやらこの6.0アップデートが中断している模様です。

というのも、国内外のユーザー報告を見ていると、先週の終わりくらい(23日前後)から、OTAアップデートが降ってきた、という報告がほぼピタリと途絶えています

また、実際、2ちゃんねるや海外では、一旦6.0へのアップデート通知が来たものの、放置していたらいつの間にか通知が消えていた、という報告が複数見られます。

なお、Nexus 7 2013では10月中旬に一部で6.0アプデートが始まりましたが、数日前に新ビルト「(MRA58U」が提供されています。

ただ、この新しいビルドはすでにAndroid 6.0 (MRA58K)にアップデート済みの端末のみが対象となっているようで、Android 5.x以前のNexus 7への6.0 OTAアプデは中断したまま、という状況の模様。

また、Android 6.0ではWiFi周りの不具合が疑われる異常バッテリー消費の問題が複数報告されており、これにより、特にスリープ中の電池消費が非常に早くなるという症状が発生している模様。

ひょっとすると、これが原因で一時的にアップデートを中断しているのかもしれませんね。

そういえば、Android 5.0の際も、OTA開始後しばらくしてアップデートが中断し、その後、3-4週間で矢継ぎ早に5.0.1、そしてその2-3週間後に5.0.2がリリースされたということがありました。
(そのため、Android 5.0を実際に使用したことがあるユーザーはごく一部だと思います)

この5.0のケースをそのまま当てはめると、10月前半にリリースされたAndroid 6.0にも、そろそろ新バージョンが来てもおかしくはありません。

ひょっとするとアップデート再開後はAndroid 6.0.1、なんてこともあるかもしれませんね。