Android 6.0アプデの普及ペース、ロリポップよりは順調な模様。5.0/5.1搭載は1/4に増加。

201511051501

Android 6.0 Marshmallowがリリースされて約1ヶ月が経ちましたが、Googleが月次の各Android OSの普及率を発表しました。

データは11月2日までの1週間分のもの。

201511051500

Android  5.0/5.1が前月から2ポイント強増加して、ようやく1/4のAndrodi端末がロリポップ搭載、というところまで来ました。

また、最新のAndroid 6.0 Marshmallowに関しては0.3%と、まだまだほんのごく一部。

ただ、昨年リリースされたAndroid 5.0 Lillipopでは11月のリリースから約2ヶ月が経過した1月前半時点でも普及率が0.1%に満たないという、前代未聞のアプデ普及ペースの遅さでしたが、それに比べれば今回の6.0の普及ペースは5.0の3倍以上、ということになります。

ただ、今のところAndroid 6.0が提供されているのは基本的にNexus機種のみで、つまり、Android 6.0搭載機種のほぼ全てがNexusモデルということになります。

そして今年はAndroid 6.0搭載の新型Nexusスマホが2モデルリリースされています。

これらNexus 5Xと6Pは今のところかなり人気も高いという印象を受けます。

そういった意味で、このAndroid 6.0人口の増加、実際にはOSの普及ペースが速いというよりもNexusの売れ行きが良い、という点が背景にあるのかもしれませんね。