Android 5.0、5.1のバッテリー異常消費を直す方法-WiFi設定

201507191041

アップデート後にバッテリーの減りが非常に早くなったという報告が非常に多い「Android 5.0 Lollipop」。

何度かマイナーアプデが提供され、現在、ほとんどのロリポップ搭載機種はAndroid 5.0.2、あるいはAndroid 5.1.1を搭載していると思われますが、依然としてバッテリー異常消費の報告は絶えません。

一方、Android 5.0以降でもバッテリー持ちは問題、もしくはむしろ改善した、という声が少なくないのも事実。

この2つの異なる報告、原因はなんなのかと不思議に思っていたのですが、「悪化派」の多くが具体的にはスリープ時のバッテリー異常消費を訴えていることが分かってきました。

そして、このスリープ時の電池持ち、自らの端末や、ネット上の様々な報告を総合的にみると、WiFi周りの設定が大きく影響しているという結論に達しました。

よって、WiFiの詳細設定が以下のようになっているかを見直してみることをおすすめします。

「設定」→「WiFi」→エリプシス(縦3つのドット)→「詳細設定」から:

・「ネットワークの通知」 →オフ
・スキャンを常に実行する→オフ
・「スリープ時にWi-Fi接続を維持」→*「スリープにしない」

*この部分、厳密には「スリープ時にWiFiをオンにしない」だと思います。
以前、この設定項目については誤訳では?という内容で記事を書いたので、ご参照ください。

特に3つめの「スリープにしない」については影響が相当大きいと思われます。
ただ、この設定にすると、必然的にスリープ時のデータ使用量が増加するので、ご注意を。

ロリポップのこのバッテリードレイン問題、実際には、Android 5.0.2やもちろん、Android 5.xではメモリーリークなど、他にもバッテリー異常消費の原因と思われる不具合があるのも事実。

なので、これだけで問題が完全に解消されるとは限りませんが、少なくとも、設定していない時よりはかなり電池持ちが向上すると思われます。

お困りの方は騙されたと思って一度お試しください。