Android 5.0の裏ワザ、Smart Lock「信頼できる場所」機能が便利過ぎる

201411191127
スマホを使っていて何かと不便なロック解除の動作。
セキュリティーのために必要なのは分かっているのですが、それでも状況によっては要らない、と思うこともあるのではないでしょうか。

そんな中、Android 5.0ではこのロック解除の動作を条件によって迂回できる機能、「Smart Lock」が搭載されました。
似たような機能を果たすアプリは複数ありますが、動作に不安があるものもあるので、純正機能としてデフォルトでこの機能が搭載されたのはありがたいですね。

このスマートロック、「設定」→「セキュリティー」→「Smart Lock」→パスコード入力からアクセスすると、「信頼できる端末「、「信頼できる場所」、「トラステッドフェイス」から選ぶことができます。
そして是非、オススメしたいのは「信頼できる場所」

ただ、この「信頼できる場所」を表示するには、Google Play開発者サービスが最新のものである必要があります。
私の端末ではまだ最新アップデートが来ておらず、このオプションが表示されていなかったので、APKMirrorから手動でダウンロード+アップデートをしました。

ちなみにAndroid 5.0ではスリープ解除の際、電源ボタンを押した後、画面を上にスワイプし、そこからロック解除、という手順になったため「画面を上にスワイプ」の分の動作が一つ増えました。
これ、なんでもないことのようですが、Android 4.4以前のバージョンに慣れているユーザーには地味に面倒くさいです。

しかし、この「信頼できる場所」を使えば、その分「安全な場所」でのロック解除が不必要にすることができるので、端末を使用できるまでのステップを一つ減らすことができます。

まあ、色々と隠し事があり、家が一番「信頼できない場所」となっている方にとってはむしろ危険な機能ですけどね。