Android N、「Direct Boot」機能搭載で再起動が早くなる模様。一部アプリはディクリプト前に起動可能に

201604051236

Googleの次期OS、Android N。

Android 6.0 Marshmalowよりも早いペースで開発が進んでいるようで、早ければ7月中にもリリースされるという噂もありますが、この新OSに搭載される新しい機能が一つ明らかになりました。

「Direct boot 」と呼ばれるこの機能では端末の再起動にかかる時間が大幅に短縮されるとのこと。

再起動は端末に何らかの問題が発生した場合の「初期治療」ですが、急いでいる時などは再起動するまでの時間にイライラするともしばしば。

具体的にどの程度時間が短縮されるのかは不明ですが、中々期待できそうな変化です。

また、Direct boot 」では、パスコードを入力する前、つまり、端末の暗号解除(ディクリプト)がされる前でも一部アプリは動作をすることが可能になるとのことです。

例えば、現在のAndroid OSだと、知らない間に端末が再起動するとパスコードを入力するまでアプリは立ち上がらず、アラームや重要な通知を受け取れない場合があります。

これ、私も何度か経験があり、結構困ります。

しかし、Android Nでは指定した特定アプリを端末のパスコードによる端末解除前に作動させることができ、予期せぬ再起動が起こった場合でも上記のような問題は避けることができるとのこと。

これは地味ながら非常に便利っぽいですね。

ソース