Android M、待ち受け時のバッテリー持ちが2倍に-”Doze”モード搭載で

201505281311
次期Android OSとして注目される「Android M」。
現地時間の28日より開催されているGoogle I/Oで、いくつかの詳細が明らかになりました。

中でも注目すべきは電池持ちについてで、Android Mには「Doze」モードという新機能が搭載され、この機能を使えば端末の待ち受け時(スリープ時)のバッテリー持ちが2倍になるとのこと。

afd99d56-4b80-4684-bad1-dc23afe5bfee_800

通常のスリープモードとどう違うのか、具体的な説明はされていませんが、バックグラウンドプロセスを極限まで抑えた、一種の「仮死状態」にするような機能ではないかと思われます。

今のところ、実際にテストされているのはNexus 9のみですが、これはかなり大きな進化ではないかと思います。

また、これとは別に、Android MはUSB Type Cへの対応により、充電時間の大幅短縮も可能になるとのことです。