Androidのロック画面に広告が表示される事象が多発中。ESファイルエクスプローラー以外のアプリも原因

201605241726

ここ最近、Androidユーザーよりロック画面に広告が表示されるという報告を頻繁に見かけます。

最近急激にこの報告が増えた一因はファイル管理アプリ、「ESファイルエクスプローラー」でこれが原因の場合は:

1.「ESファイルエクスプローラー」を開く
2. 左から右にスワイプして出るメニューの下の方にある、「「Charging boost」をオフにする」

これで広告はでなくなります。

一方、この「ESファイルエクスプローラー」をインストールをしていないのにもかかわらず同様のロック画面広告が出るという報告も多数挙がっており、原因が分からないケースも多い模様。

どうやらこのロック画面上の広告は他のアプリでも表示するものが急激に増えているようで、その一部として知られているのは:

・clean master
・360 セキュリティ
・DUspeed
・Photo Eitor Pro

これ以外にも多数あると思われるので、どれか分からない、という場合は多いようです。

そういった場合の対処法としては、とりあえずサードパーティーアプリを片っ端から無効化して順次有効化するしかないようです。

また、原因アプリが特定できても「ESファイルエクスプローラー」のような対処法がなく、アンインストールするしかないアプリも多い模様。

このロック画面広告、ものによってはロック画面自体と見間違うような結構悪質ものもあるようなので、なんとかAndroid OS側で規制して欲しいですね。

コメント

  1. 中込花恋 より:

    Charging boostなんてなくないですか?

  2. 大磯 健二 より:

    Clean Masterを利用していましたが、成程こういうことだったのですか…有難うございました。