スマホ選びで一番大切なのは「電池持ち」よりも「アップデート頻度」。アンケート結果から判明

201511011922

スマートフォンの機種選びをする際、皆さんはなにを一番重要視しますか?

CPUやメモリ、カメラ性能などといったスペックを重視するユーザーもいれば、電池持ちやスマディスプレイの綺麗さなどで機種選びをする人もいると思います。

ただ、Android Policeが行った調査では、意外な点が一番多くのユーザーにとってスマホ選びの際の重要点として考えられていることが判明しました。

以下が「スマートフォンを選ぶ上で、電池持ち、ディスプレイ画質、カメラ、アップデート・サポートのなかで最も重要視する点は?」という質問に対する回答:

201511011907

ご覧のように、半数近くのユーザーがアップデートサポートが一番重要と回答しています。

個人的には「バッテリー持ち」が当然のようにトップにくると思っていたので、ちょっと意外な結果です。

スマホのバッテリー持ちが不満、というのはすでに過去の話のでしょうか?

それとも、OSアップデートなどで、バッテリー持ちの改善を含む様々な問題が改善されるという期待が大きい、ということのなのでしょうか。

確かに最新OSへのアップデートは不安と期待が入り混じり、ワクワクする部分もあります。

ただ、こういったサイトを定期的に訪れてアンケートに答えているユーザーはある程度スマホに詳しいユーザーが多いと思われます。

そういったユーザーはすでにバッテリー持ちの悪さについては対処方法を知っており、大した問題ではない、ということなのでしょうかね。