Android Pではあのウザい「アプリが応答していません」が排除、アプリをクラッシュさせる「新機能」

夏の終わり頃には正式リリースされそうなAndroid PことAndroid 9.0。

この新OSの旧OSからの違いについて興味深いものがあることが分かりました。

具体的には、このAndroidスマホでよく発生する「~アプリが応答していません」というエラーメッセージがAndroid 9.0では表示されなくなる、とのこと。

ただ、このANP(App not responding)という症状がAndroid Pで完全になくなる、ということではなく、新OSではこのメッセージを表示させず、自動・強制的にアプリをクラッシュさせる、という対応に変更するとのことです。

ちなみにちょっと違いはよく分かりませんが、これもAndroidでよく見かける「アプリが停止しています」「繰り返し停止しています」といったエラーメッセージがAndroid Pでどうなるのかは不明。

なお、現在のAndroid Pのでベロパー向けバージョンではこのANPダイアログを表示させるか、させないで強制終了させるかは設定から選べるようです。

これを新機能、と呼んでよいのかは分かりませんが、新仕様であることは確か。

本来はアプリが応答しなくなったり、停止したりというトラブルはないのが理想。
ただ、これは多くの場合はアプリ側に問題があるケースなので、OS側でできることは限られていると思われます。

一方、この「応答していません」メッセージ、バックグラウンドアプリで発生したりすると、ゲーム中などは非常に迷惑。よって、非表示にできるオプションが搭載される、というのはユーザーにとっては確実にプラスだと思われます。