Xperia Z5シリーズで7.0アプデ後にシステムUI周りのバグ、電池残量%や時間表示の設定が勝手にリセット

201703311106

先日リリースされた国内版Xperia Z5、Z5 Premium、Z5 Compact向けのAndroid 7.0アップデート。

予想に反して全体的な評価は上々ですが、一点、細かいバグが発見されました。

具体的にはシステムUI調整ツールの一部の設定が勝手にリセットされてしまうという症状。

例えば、このシステムUI調整ツールからはステータスバー上のバッテリーの残量をパーセント(割合)表示にしたり、時計の表示を秒単位に変更したり、といった設定が可能です。

ところが、Android 7.0アップデート後からこれらの設定が端末の再起動をすると元に戻されてしまうという不具合が報告されています。

また、この症状は再起動だけでなく、システムUI調整ツールを開くことでも発生する模様。

なお、これはドコモ版Z5、Z5C、Z5Pおよびau版Z5の全てで症例が挙がっているので、キャリア依存ではないと思われます。

致命的な不具合というわけではありませんが、どうやら再現率はほぼ100%で地味に不便な思いをしているユーザーがかなりいるようです。

ほぼ確実にファームウェアのバグによるものだと思うので、次回以降のアップデートでの改善に期待したいところです。

追記:ちょっと調べてみてた所、このシステムUI調整ツールの設定がリセットされる症状はXperia XZやXperia X Perfromanceでも発生しているようです。

よって、このバグはAndroid 7.0アプデ済のXperia共通の不具合だと思われます。