Android 7.xは最後のAndroid OS? すでに大手OEMが新OS「Andromeda」搭載モデルを開発中

201611161012

以前、Google Pixel/XLの正式発表直前にも噂になったAndroid OSとChrome OS を統合した新OS「Andromeda」。

2017 年後半にリリースされる可能性が高いとのことですが、この「Andromeda OS」について興味深い新情報がでてきました。

9TO5Googleが独自のソースから入手した情報として伝えたもの。

これによると、Googleは「Andromeda OS」を搭載したモデルを2017年の第3~第4四半期にリリース予定

すでに大手OEM2社には2Andromeda OSのデベロッパーキットが提供されており、同OSを搭載した新モデルの開発に取り組んでいるとのことです。

ただ、「Androimeda」という名称はコードネームらしいく、正式なものではないとのこと。

また、さらに気になるのは以下の部分。

“Android 8.0” is already being merged into Andromeda. In the meantime, it seems Google is sticking with its typical schedule, however. “All 7.X software updates will be independent of Andromeda until official announcement” 

Android 8.0はすでにこのAndromeda OSに統合されており、従来のスケジュールどおりでリリースされる模様。ただ、Andromedaの正式発表までAndroid 7.xは独立した存在になる

これ、そのまま受け取れば、結構スゴいニュースかもしれません。

Android 7.xがAndroid OS発表「まで」は独立した存在になるということは、それ以降は独立した存在にならない。つまり、Android 8.0というOS自体はリリースされず、Android OSはNougatで事実上終了、という可能性が非常に高いとも言えます。

微妙な言葉のニュアンスによる誤解である可能性も十分にありますが、非常に気になる動向です。

また、このAndomeda OS搭載の新モデルを開発中の2つのOEMも気になりますね。

個人的にはHTCとHuaweiが怪しいという気がしますが、意表をついてソニー、なんてことになったら相当面白いのですが、、、それはないでしょうね。