スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Android 7.0アプデ後のXperia XZ、X Compact、X Performanceでバッテリー消費が早い場合の改善方法

      2017/03/23


201701131050

先日、ドコモ版Xperia XZとX Performanceに提供され、また、au版でも18日に提供が開始されるAndroid 7.0アップデート。

細かな不具合・バグの報告はあるものの、全体的には安定したバージョンアップのようですね。

またアップデート後の電池持ちについては「良くなった」という評価の方が多い気がしますが、それでも一部では逆にアプデ後にバッテリー消費が早くなったという報告もあります。

特に、先日もお伝えしたとおり、バッテリー消費状況を見てみると「アイドル状態」が異常な量の電力を消費しているという報告が多数挙がっています。

この症状は海外のソニー公式フォラムを見る限り、Xperia XZ、X Compact、X Performance共通で発生している模様です。


ただ、この問題に関しては原因が一応特定できたようで、どうやら「明るさの自動調整」が犯人

これがオンになっていると「アイドル状態」がバッテリーを異常消費するらしく、オフにすればとりあえず電池持ちは改善するとのこと。

「アイドル状態」は文字通り、端末がアイドリング、つまりスリープ状態の際の電池消費。

一方、明るさの自動調整は端末使用中にのみ作動するはずなので、ひょっとする何らかのバグでこの明るさの自動調整がスリープ中も動作し続けてバッテリーを消費しているのかもしれませんね。

もちろん、バッテリーの異常消費は様々な原因が考えられるので、これで100%バッテリー持ちが改善するという保証はありません。

ただ、少なくとも「アイドル状態」によるバッテリー消費が激しい場合は効果があると思われるので、該当する方はぜひお試しください。

関連記事:Android 7.0アプデ後のXperiaでバッテリー持ちが悪化した場合の対処法(Androidデバイスマネージャー編)

 - Android 7.0, Xperia X Compact SO-02J docomo, Xperia X Performance, Xperia X Performance SO-04H docomo, Xperia X Performance SOV33 au, Xperia XZ, Xperia XZ SO-01J Docomo, Xperia XZ SOV34, アップデート, バッテリー異常消費, 改善方法・対処法・直し方, 評価, 電池持ち