Android 7.0の次期バージョンはAndroid 7.1。アクセス統計にはやくも登場

昨日Nougat(ヌガー)ことAndroid 7.0のOTAアップデート提供が始まりましたが、すでに一部では「Android 7.1」が発見されているようです。

以下はアプリ開発者のRedditユーザーが投稿した自分のアプリへのアクセス解析のスクリーンショット。

201608240047

ご覧のように、「Android 7.1」を搭載した端末からのアクセスが記録されています。

また、同様のアクセスはXDAのユーザーからも報告されており、こちらにはAndroid 7.1.2~7.1.9まで7.1以降のマイナーバージョンも記載されています。

201608240046

Googleは昨日のAndroid 7.0のリリースと同時に秋ごろにメンテナンス・アップデートをリリースすることを明言しており、これが7.0以降の最初のOSバージョンアップになると言われています。

ただ、今回の情報からすると、そのバージョンはAndroid 7.0.xではなく、Android 7.1になる可能性が高いと思われます。

もちろん、今後7.0になにか致命的な不具合などがあれば緊急アプデとして7.0.xのリリースもありえますが、順調に行けば次期OSバージョンが「Android 7.1」となりそうですね。

先ほど、2016年版Nexusいついて、Android 7.1あるいはAndroid 7.0.1搭載となる可能性についてお伝えしました。

ひょっとすると、このアクセスはこの「Marlin」あるいは「Sailfish」からのものかもしれませんね。