Android 6.0.1アプデでWi-Fi接続不具合。スリープ後にWiFiに繋がらなくなる症状 (対処法アリ)

201601051131

Android 6.0.1へアップデートした複数のNexus機種でWiFi周りの不具合が発生しているようです。

具体的には、スリープ状態から復帰した際にWiFiへの再接続がされない、という症状。

WiFi自体のオフ・オンをすれば接続可能なようですが、毎回手動でこの動作をする必要があり、かなり不便な思いをしているユーザーが多いようですね。

今のところ、症状の発生が確認されているのはNexus 6P、Nexus 5X、Nexus 5ですが、おそらく6.0.1搭載のネクサス共通の問題だと思われます。

なお、ユーザーからの報告によるとこの症状は「Wi-Fiのスキャン」をオフにしていると発生する模様。

本来、この「Wi-Fiのスキャン」は位置情報取得の向上のためのもので、WiFiの接続先を探すためのものではありません。

よって、今回の件とは無関係のはずなのですが、ここで何らかのバグが発生しているようですね。

WiFiスキャンの設定変更は:

「設定」→「位置情報」→メニュー(右上の縦3つのドット)→スキャン→「Wi-Fiのスキャン」

なお、「設定」→「WiFi」→メニュー(右上の縦3つのドット)→「詳細設定」から「スリープ時にWi-Fi接続を維持」に変更することでもこの「WiFi切れ」は発生しないようです。

ただ、どちらの対処法も応急処置でしかないので、根本的な問題改善にはAndroid 6.0.2へのアップデートを待つしかなさそうです。

コメント

  1. A77777 より:

    はぁ・・・Android 6.0はまだまだ不具合が多いな。

  2. ゆーぞー より:

    「Wi-Fiのスキャン」をオンにすると電池消費の問題があり、「Wi-Fiのスキャン」をオフにすると自動接続に問題が出る。

    /data 消去→stack ROM flash →5.1.1 時点での Titanium Backup から戻した時点では
    電池消費も自動接続も問題なかったので、6.0.1 で内部設定の一部が中途半端にUIと繋がって戻らないんでしょう。

  3. シェア募集RTありがとうございました (@mani_pry) より:

    同じ症状ですがこちらの対応では解決しませんでした

  4. やっすぃ より:

    かなり久し振りにOS 5.1のNexus 7 2013を引っ張り出し、マイナーな更新だと思ってOSが案内するままにシステムの更新をしたらまさかのOS 6.0.1。
    更新したら具体的にどうなる(マイナー更新なのかメジャー更新なのかや、更新先のOSバージョン等)と言う情報も案内表示に載せておいて欲しかった。
    修正を待つしかないか。

  5. なんじゃさん より:

    参った(^^;結構同じ不具合出てる人いるんだね(^^;
    とうとう今になってフリーズ後の再起動でwifiだけが使えなくなったよ(^^;
    他の端末(android 4.4.2)でかつ同じチャンネルのwifi回線使えてるので決してその他の機器の不具合でないことは明白。ここの情報見て当たりがついたよ。
    自分でも症状を切り分けつつ結局キャリアに電話してあれこれ相談したら
    修理に出して代替機渡されると言われても数週間はきつい。
    修理あきらめ、osのバージョンアップ待つ。
    ちなみにnexus5です。