Android 5.1の評価、バッテリー異常消費とメモリーリーク不具合の改善報告多数

201503120821
先日ファクトリーイメージがリリースされ、昨日非公式OTAアップデートファイルが入手可能になった「Android 5.1」。

いずれかの方法でいち早くバージョンアップをした一部のNexus 5やNexus 7のユーザーからの評価を見ている限り、今のところかなり評判は良いようです。

というのもXDAやRedditなどにはAndroid 5.1アップデート後に「バッテリー持ちが顕著に改善した」といった声や、「空きメモリーが大幅に増えた」といった報告が複数挙がってきています。

バッテリーの異常消費はバッテリーのハード的な問題でない限り、通常はあくまで「症状」であって、原因ではありません。
どうやらAndroid 5.0.xの場合、メモリーリークが大部分のバッテリードレインを引き起こしていたようですね。

ただ、一点注意した方が良いのは、現時点でAndroid 5.1にアップデートされた端末はほとんどがファクトリーイメージから焼いた、いわば初期化された状態のものです。
Android 5.0.1や5.0.2でも一旦初期化すると諸問題が改善したという報告はちらほら見られました。
そういった意味で、本当の「評価」は公式なOTAアップデートが開始されてからしか分からないとも言えます。

それもまあ、総合的にAndroid 5.0.xよりはOSそのものがかなり安定しているようなので、楽しみですね。