スマホ用有機ELの製造コスト、とうとう液晶パネルを下回る。

201603241347

スマートフォン向けの有機EL(AMOLED)ディスプレイの製造コストがとうとう液晶(LCD)を下回ったようです。

Android Authorityが伝えたもので、5インチ・ディスプレイの場合、今年第1四半期のLCDパネルの製造コストの平均は14.60ドル。対するAMOLEDパネルのコストは14.30ドルだったとのことです。

2年前の時点では両者の間には20%程度の差があり、実際、昨年第4四半期の時点ではLCDが$17.10、有機ELが$15.70。

ここ数ヶ月でAMOLEDの製造コストが大きく下がったことが分かります。

スマホが普及しだしたころは有機ELを搭載しているモデルと言えばGalaxyシリーズくらいでしたが、今ではNexus 6Pや他の大手メーカーでもAMOLED搭載機種が複数あります。

また、iPhoneもiPhone 8あるいは8sあたりで有機ELを採用する可能性がかなり高い模様。

有機ELは独特の色合いで好き嫌いが分かれるので、単純にコスト面だけで普及率が劇的に変化するとは思いませんが、今後、徐々に有機EL搭載モデルの方が「一般的」になっていくのではないでしょうか。

コメント

  1. ClearMirage@艦これ提督 (@clear_mirage) より:

    急いで記事を作成されのかもしれませんが、

    ・2年前の時点では両者の間には20%程度の差があり、実際、昨年第4四半期の時点では「AMOLEDが$17.10、有機ELが$15.70。」(有機EL→LCD?)

    ・今ではNexus 6Pや他の大手メーカーでもAMOLED「糖鎖機種」が複数あります。(糖鎖機種→搭載機種?)

    以上、2点の誤りがありますので修正した方が宜しいかと。

  2. なてな より:

    逆なんじゃない?
    「LCDが$17.10、有機ELが$15.70。」
    2年前に有機ELがLCDよりも安くなってたってことになるけど??