6.1インチの2018廉価版iPhoneのほぼ公式3Dレンダリングがリーク

2018年版iPhoneの一つ、6.1インチの廉価版iPhoneの”ほぼ公式”レンダリング画像がリークされていました。

下部ベゼルの太さはよく分かりませんが、よく見ると上部はiPhone Xと同じくらいの幅のノッチ(切り欠き)があることがわかります。

全体的な外観はiPhone Xとそっくりで、ボタンの位置なども同じ。

ただ、カメラはシングル仕様となっています。

前面、裏面のどちらにも指紋認証が見当たらないことから、Face IDによる認証になると思われます。

なお、この6.1インチiPhoneのサイズは 150.9mm x 76.5mm x 8.3mmとのことなので、5.8インチのiPhone Xからちょうどディスプレイサイズに比例す感じで一回り大きくなっています。

今回のものは@OnLeaks x mysmartpriceのコラボリーク画像で、過去の例からして同氏からのこういったリーク画像が公式画像と大きく異なっていたろいう例はありません。

ちなみに2018年版iPhoneについてはiPhone SE2?以外、機種名もまだはっきりしていませんが、今の所の感じではこの廉価版の6.1インチiPhone、iPhone 9/9 Plus (もしくはそれ相当の別名機種)、そしてiPhone SE2の4モデル展開といった感じになりそうですね。

ソース