2018年版iPhone3モデルの名称はiPhone XS、iPhone X1、iPhone X Plus?廉価版ミッドサイズモデルは太めベゼル

2018年版の新型iPhone、3モデル向けのものとされるケース画像がリークされていました。

これ、どこまでがベゼルでどこからがスクリーン部分になるのかはっきりしませんが、ソースのphoneArenaによると真ん中の6.1インチのものだけベゼルが太い、とのこと。

要は黒い線の外側がベゼル部分、ということのようです。

また、同サイトによると、この真中のものだけベゼルが太いのはおそらくこれがLCD搭載の6.1インチ廉価版iPhoneのものだからである可能性が高いとのこと。

なお、2枚めの画像では左からiX-S、iX-1もしくはiX-I、iX-Pとあります。

“iX”が”iPhone X”を指すことはほぼ間違いなく、これで2018年版iPhoneがすべて”X”を冠することはほぼ確実に。

iX-Sの”S”は”Small”を指すと思われますが、そうなるとiPhone XS、でしょうか?

となると、iX-1/IはiPhone X1もしくはiPhone XIかもしれませんね。

なお、最後のiX-PについてはiPhone X Plusでほぼ間違いないでしょう。

ちなみに、先程のかなり信頼性が高そうな情報としてはiPhone SE2こと、小型版iPhoneについてはリリースがキャンセルされた、とのことでした。

一方、ここには確かに3モデルのiPhone向けのケースが存在しており、先の情報と矛盾する用に思えます。

今回のケース画像がまだその小型モデルのキャンセルが反映されてないもの、という可能性もありますが、ひょっとして先の情報はiPhone SE2相当のiPhoneがキャンセルされた、ということで、2018年モデルが2モデル、という意味ではないという可能性も。

まだまだ情報が交錯中の2018年版iPhone。

続報を待つとしましょう。