2018年版Xperia「新デザイン」は指紋センサーの位置移動がメイン、太ベゼルは継続との残念リーク情報

2018年版Xperiaと言えば「新デザイン」の採用が話題となっています。

また、先日正式発表されたミッドレンジ、Xperia XA2、XA2 Ultra、L2。
ご存知のように、この3モデルの特徴と言えば何といってもXperia初の背面指紋センサーでしょう。

そして今回、これに関連して今後発表される2018年版のフラッグシップXperiaについてちょっと残念な新情報がでてきました。

Reddit上に投稿されれていた情報で、投稿者が今回のCESでソニーの関係者から得た情報としてリークしたもの。

I was talking to someone associated insider of SONY at CES and he told me something very disappointing.

So called “new design” of 2018 Xperia is basically about movement of fingerprint sensor from side to back. This will apply to ALL 2018 Xperia including flagships. (I’m guessing this is for them to sell FP enabled Xperia in US)

And as you can see with XA2/XA2 Ultra, slightly curved body is another “change”.

That’s it.

No major change to overall design language. Yes, bezel will be “slightly” narrower, but still ugly thick compared to competitors.

要点をまとめると:

・今後リリースされる2018年版Xperiaはフラッグシップ機種も含めてすべて指紋センサーは裏面に搭載される

・これまでに言われていた「新デザイン」とは主にこの指紋認証センサーの位置がバックパネルに移動することを指す

・それ以外にも全体に端末ボディーがカーブする変化や若干ベゼルは狭くなるが、依然としベゼルは太い。


Xperia XA2の楕円形?チューブ型?デザイン

・それ以外、全体的なデザインコンセプトは今までと大差なし

ハイエンドXperiaも指紋認証センサーが背面に移動する、という事自体は結局は使う本人の問題で必ずしもマイナスではないと思います。

ただ、今まで言われてきた「新デザイン」のコア部分がこのセンサーの位置移動、というのはかなりガッカリする方も多いのではないでしょうか。

MWC 2018あるいは今後数ヶ月ではXperia XZ1 PremiumやXperia XZ1 Plus、XZ1sなどが発表、リリースされると言われており、また、遅くとも秋にはXZ1の後継機、XZ2シリーズが展開されると思われます。

これらについてはベゼルの狭小化を含め、いままでのXperiaからは大規模なデザイン変更がされると期待している方も多いはず。

信じたくない情報ですが、事実だとしたら国内外でかなりガッカリするユーザーも出てきそうです。

source

コメント

  1. Xperia より:

    指紋センサーを背面に移動しただけで「Mirai」て言うコンセプト名にしないはず。逆にすべての機種にバッテリーの増量を未来コンセプトだとしても、デザイン的にはどうかなと思うけどね。