次期XperiaのカメラはXperia史上「最も明るいレンズ」を搭載、F値は1.8に。センサーはXZ1から据え置き

201710121150

ソニーが来年2月のMWCで発表すると言われている2018年版Xperia。

この次期フラッグシップXperiaについてはデザインも一新され、ネーミングパターンも変更。

そして先日、2018年版フラッグシップXperiaについてスクリーン比率が78%~80%になる、というリーク情報がありました。

そして今回、このスクリーン比率の情報をリークしたのと同一人物が追加情報としてカメラ周りの心情ををリークしていました。

201710121139

要約すると、2018年版の新型XperiaのカメラにはIMX400(Xperia XZ1やXZ Premiumと同じ)が採用されるものの、レンズのF値はF1.8になるとのこと。

ちなみにXZ1やXZ1C、XZPに搭載のカメラのF値はF2.0。

つまり、この次期Xperiaに搭載のカメラセンサーは既存フラッグシップと型番は同じながらアップグレードされたバージョンということになります。

なお、XperiaフラッグシップのカメラのF値はZ1以来ずっと2.0で据え置きで、今回の情報が事実ならばXperia史上初めてF2.0未満のセンサーを搭載ということに。

Xperiaのカメラは以前より暗い場所だとノイズがのるなど、暗所撮影が苦手という印象でした。

しかし、F1.8ならば少なくともXperia史上「最も明るいレンズ」ということなので、この弱点を克服できそうですね。

ちなみに今回の情報の提供者はXperia XZ Premiumの公式発表の1~2週間前に新型センサーについての正確な情報をリークした人物。

よって、未発表Xperiaのカメラ周りのリーク情報の正確性については定評のある人物です。

また、ソニーが新型カメラセンサーのリリース周期は1.5年と言われているので、この2018年版Xperiaが来年2月のMWC発表ならば同型センサーを搭載するというのは不自然ではありません。