新型Xperiaは世界初の「フォーダブルフォン」に、LG製フレキシブルOLEDを搭載

MWCで発表されると言われている2018年版の新型フラッグシップXperia。

Xperia XZ Pro、XZ1 Pro、XZ1 Premium、XZ1 Plusなどなど様々な不確実な新モデルのリリース情報が錯乱している状態ですね。

(現時点で判明している確実な2018年版Xperiaフラッグシップ情報のまとめはこちらをご覧ください)

一方、今年のXperiaはメジャーモデルチェンジになると言われており、その1つがディスプレイのLCDから有機ELへの移行だと言われています。

そんな中、この新型Xperiaに関連するディスプレイ周りで非常に興味深い新情報が出てきました。

Business KoreaがLGの内部情報に精通している人物からの情報として伝えたもの。

“We know that Sony is working with flexible OLEDs,” said an official in the display familiar with LG Display’s internal situations.

“Already Sony is asking around in order to secure OLED engineers,” an industry representative said. “Sony is expected to implant its success factors in the TV business in its smartphone business and develop products such as foldable phones.”

記事いわく、LGはソニーとのパートナーシップをテレビのOLEDディスプレイだけでなく、スマートフォン部門にも拡大するとのこと。

つまり、少なくとも一時的にはあるいは部分的には将来のXperia向けにLGが有機ELディスプレイを供給するということになります。

さらに興味深いのは、ソニーは同社からフォーダブル(折りたたみ式)のスマートフォン向けのフレキシブルOLEDディスプレイの調達も検討している模様。

今年リリースの新型Xperiaフラッグシップに搭載の有機ELディスプレイがLG製になる、という情報は数週間前に信憑性の高い情報としてリークされていましたが、それがフレキシブルディスプレイ(折り曲げ可能)になる、という情報は今回が初めて。

ちなみに2018年版Xperiaフラッグシップについては先日信頼性の高いESATO上のユーザーから「3つの世界初」機能が搭載されるという情報がありました。

1つはカメラ周りの何らかの新機能・新仕様とのことで、もう1つはおそらく先日ソニーの開発責任者が「間もなくリリースする」と発言した世界初の4K OLEDディスプレイである可能性が濃厚です。

となると、この「世界初」の残りの1つは今回のフレキシブル有機ELディスプレイ、という可能性もありますね。

次期Xperiaフラッグシップに搭載されるかは分かりませんが、早ければXperia XZ2がリリースされる頃の今年後半、遅くとも来年中にはLGのフレキシブルOLEDを搭載した新型Xperiaが発売されそうですね。

コメント

  1. ヨシュア より:

    錯乱じゃなくて交錯だと思います

  2. あのにます より:

    それを言うなら「錯乱」でも「交錯」でもなく「錯綜」だと思う。