次期Xperiaは新デザイン確定「ほぼベゼルレス」に、Xperia XZ1の発表イベントで明言

201709260908

ソニーモバイルが来年展開する2018年版の次期Xperiaについて非常に興味深い情報がでてきました。

先日インドで行われたXperia XZ1のリリース発表イベントで現地法人のマネージング・ディレクター、日比賢一郎氏が発言したもの。

“We have deployed an omnibalance design as long as the X series continues to be available in the market. Also, we are planning to launch new generation of products and you can expect a complete new design from the devices”

要約・要訳すると「オムニバランス・デザインはXperia Xシリーズ(XZシリーズも含むと思われます)向けのもの。現在、次世代のXperiaのリリースを予定しており、この新型Xperiaはデザインが完全に一新されたものになる」といったところでしょうか。

2018年版Xperiaについては以前よりデザインが変更されるという情報が度々出てきており、国内メディアのインタビューなどでもデザイン変更の可能性を匂わせる発言は何度かありましたが、ソースが明記されている公式な発言の中でデザイン変更・一新が「明言」されたのは今回が初めてだと思われます。

この情報から分かる点としては、少なくとも、来年以降のXperiaモデルでオムニバランスデザインが廃止されるというのは確実だと思われます。

また、ソニーは最近のスマホのトレンドである18:9ディスプレイとベゼルレス・デザインについても意識しており、この次期Xperiaについては「ほぼベゼルレス」デザインになるとのことで発表あるいはリリースは「間もなく」(soon)とのこと。

そう言えば先日、2018年モデルのXperia、4モデルの存在が公式に確認されまた。
型番からしてこれらはいずれもミッドレンジ・モデルと思われますが、新ラインナップがフラッグシップからリリースされるとは限りません。

よって、この4モデル、あるいはそのうちのいくつかがこの新デザインのXperiaである可能性も十分にあると思われます。

また、興味深いのは少なくとも同国ではXperia XZ1は厳密な意味での”フラッグシップ”ではなく”マスマーケット・フラッグシップ”という位置づけ。本当のフラッグシップはあくまでXperia XZ Premiumという位置づけのようです。

一方で、Xperia XZシリーズは今回のXZ1およびXZ1 Compactが最後という情報もあり、来年からはネーミング・ルールも変更されるとのこと。

よって、このデザイン一新後の次世代Xperiaフラッグシップの名称はXperia XZ1 Premiumではない可能性が高いと思われます。

関連記事:次期Xperiaの新デザインは「片側のみベゼルレス」との噂

コメント

  1. anonymous より:

    このニュースが事実だとして、こんなこと言ったらXZ1を購入する人が少なくなると思うんだけど、ソニーの中の人はそれを分かっているんかな?

  2. dsk より:

    どうせまた
    docomoだけなんだろ糞au

  3. nanasi より:

    xperiaはもともと日本国内キャリア(というかdocomo)の意向に基いて半年毎にリリースしているんだから買い控えの影響はもともと少ないだろう
    それにグローバル市場では既にXZ1はリリースされているわけで、もう売れ行きが見えている現行機に配慮する必要は大きくはない

  4. ss より:

    実用性の高いベゼルがあるからXperiaが良いって人が大勢いるみたいですから
    心配ないでしょう

  5. anonymous より:

    >xperiaはもともと日本国内キャリア(というかdocomo)の意向に基いて半年毎にリリースしているんだから

    初耳だ。
    だったらなぜいつも海外で先に販売されるんだろうか?
    海外でしか販売されないモデルが存在するのだろうか?

    なぞだ。

  6. さとー より:

    そもそも海外で大して売れないのだから、心配しなくていいでしょ。

    数を売るよりも利益率って言ってるけど、それももう末期の企業の言い訳にしか聞こえない。