2018年版の次期Xperia ”G8521 Pro-A”は5.7インチの4Kスクリーン+6GB RAM+128GBストレージ搭載か

2018年版から新デザイン+新ネーミングルールが採用されると言われている次期Xperia。

この2018年版Xperiaのフラッグシップに該当すると思われる未発表モデルのベンチマークが発見された模様です。

Reddit上のXperiaセクションに投稿されていたもの:

Sony H8521 Pro-Aという今まで見かけたことのない型番。

ただ、本物だとすればHは2018年モデル、先頭番号の「8」はハイエンドモデルを示しているので、2018年版のXperiaフラッグシップモデル、ということになります。

また、”Pro-A”ですが、これはコード名の可能性もありますが、以前、ESATO上の信頼性の高いリーカーから2018年のフラッグシップモデルの機種目は”Pro”を冠するという情報もありました。

よって、単純にコード名ではない可能性もあります。

なお、スペック面ではDisplayの表記が4つもありますが、これはおそら4Kディスプレイ特有のもので、XZ PremiumでもGFX上では同じように掲載されています。

これから判断するに、この謎のH8521は4K解像度の5.7インチモデル、ということになります。

CPUについは2.6GHzとの表示だけですが、GPUはAdreno 550とのこと。

S835に搭載のGPUがAdreno 540であることからすると、Adreno 550を搭載するのは次期Snapdragon、つまり、Snapdragn 845である可能性が高いと思われます。

また、メモリとストレージ容量も既存フラッグシップからグレードアップ。

6GB RAM+128GBとあり、korehaいずれもXperiaシリーズでは初めて、ということになります。

スペックだけから判断すると、Xperia XZ Premiumの後継機、Xperia XZ1 Premium相当の機種といった感じでしょうか。

素人目からの判断ですが、掲載されている情報に明らかに「おかしい」と感じる点は見当たりません。

ただ、元のGFXBenchで該当するベンチマーク結果が見つからないという点、また、まだSnapdragon 845自体が未発表の時点でそれに搭載されると思われるGPUがベンチマークに登場するというのはかなり怪しいのも事実。

よって、現時点ではフェイクの可能性もかなり高いと思っておいた方が良さそうです。

7機種目の2018年版新型Xperia “Sony H4133″が新たに発見、5.2インチ+FHD