2018年版の新型Xperia、5.7インチのアーチ型モデルの概略図がリークか

新デザイン+新ネーミングで2月のMWCでリリース発表されると言われている2018年版の次期Xperia。

この新型フラッグシップXperiaの概略図?らしきものがリークされていました。

これが今までの噂レベルのリーク情報を基に作られものなのか、どこか信頼できるソースからのものなのかは不明。

ただ、先日ESATO上の信頼性No.1のユーザーからの情報として、次期Xperiaフラッグシップの少なくとも1モデルがXperia Play風の上下がアーチ状デザインになるというものがありました。

よって、全く根も葉もない想像図ではないと思われます。

この図から分かる点としてはこの謎のXperia、寸法は縦が149mm、横幅が7.4mmとなっており、Xperia XZ1とくらべて縦横とも1mm程度大きくなっています

ただ、スクリーンサイズが145mmなのでインチではちょうど5.7インチ。XZ1の5.2インチよりも0.5インチもアップしています。

また、スピーカーはESATO上からの情報どおり、上下の湾曲部分に沿うように配置されていますね。

さらに興味深いの裏面。
あくまで平面図ですが、左右に弓形のラインが入っており、おそらくこの線から両側面にかけて弧を描くように削られているのではないかと思われます。

ただ、こういった感じのデザインは実はXperiaでは初めてではありません。

はるか昔、Xperia ArcやXperia GXという背面が反ったようなデザインのコンパクトXperiaがありました。

斜め前辺りから見た感じはこんな感じになるのかもしれませんね。

ちなみに以前、次期Xperiaはマクドナルドのアップルパイの箱のような形になる、という怪し噂がでてきました。

今回の図が本物あるいは実機に近いとして厳密には全く違う形ですが、「雰囲気的」には似ているというのも分からなくもないような気がします。

ソース