2018新型Xperia、ハイエンドモデル”H8324″の存在が初めて「公式」確認、1920×1080ディスプレイ搭載

Xperia XZ1の後継機となる2018年版の新型フラッグシップXperiaの存在が初めて「公式確認」されました。

H8324という型番で頭文字が「H」、2つめの数字が「8」という点からして、同機種が2018年版のハイエンド・フラッグシップXperiaであることは確実です。

ここから分かるH8324のスペックは:

・1920×1080ディスプレイ
・Android 8.0
・Bluetooth 5.0

先日、来年2月のMWCでリリース発表されると思われるS835搭載のベゼルレスXperia、”H8541″のスペックがリークされていましたが、これはあくまで出どころのはっきりしない情報。

よって、このXperia ”H8541″については現時点ではスペックはもちろんのこと、機種そのものの存在すらも確かではありません。

一方、今回のH8324はソニーのuaprofからのものなので、ある意味「公式情報」。

また、2018年モデルのXperiaについてはすでに13の型番、最低でも6モデルの存在が確認されていますが、これらはいずれもミッドレンジ以下なので、2018年版のハイエンドモデルの存在が確実なソースで確認されたもは今回が初めてということになります。

少なくともソニーモバイルがこの機種を2018年Xperiaのハイエンド・モデルとして開発をしていることは100%確実です。

また、これは以前より有力情報としてリークされていますが、今回の情報で、少なくとも次期Xperiaフラッグシップのディスプレイが18:9になることはなく、16:9を維持ということが確実になったともいえますね。

なお、今のところの情報では次期ハイエンドXperiaはスペック的にはXperia XZ1のアップグレード版、XZ1s相当で、XZ2やXZ1 Premiumといった位置づけにはならない模様。

そういった意味で、デザイン進化の方に期待をして置いたほうが良さそうです。