次期コンパクトXperiaは今年前半にリリース、18:9のFHDディスプレイで3000mAhバッテリー搭載との情報

2018年版の新型Xperiaについて興味深い新情報がでてきました。

今回は次期Xperiaコンパクトモデルについてで、これによると、この次期Xperia “Compact”は4.6インチの18:9 FHDディスプレイを搭載

メモリは4GB RAMでシングルカメラ、バッテリー容量は3000mAh近くになるとのこと。

また、リリースは2018年前半とのことです。ということは2月末のMWC発表でしょうか。。。

事実ならばXperia初の18:9ディスプレイ、ということになり、また、コンパクトモデルでFHDも初めて。

weiboのユーザーからの情報でソースなどはないので、鵜呑みにはできない情報です。

が、この投稿者Zackbucks氏は20万人以上のフォローワーを抱えており少なくともweibo上での知名度はかなり高いようです。

よって、根も葉もない噂を流しているとも思えません。

XperiaのCompactシリーズは昨年秋にXperia XZ1 Compactがリリースされており、今までのパターンでいくとコンパクトXperiaのリリースは1年周期のはず。

なので、わずか半年前後で新型のコンパクトモデルをリリースというのはちょっと意外。

ただ、フラッグシップとは限らないので、ひょっとするとXperia X CompactのようなSnapdragon 6XXシリーズ搭載のミッドハイ・レンジモデルになるのかもしれませんね。

ちなみにXperia Z5 Compact、X Compact、XZ1 Compactとエクスペリアのコンパクトモデルのバッテリー容量はずっと2700mAhでした。

それが一気に3000mAhに増量というのはすごいですね。

そう言えば、今回CESで発表されるであろうXA2 Ultraは厚みが9mm以上でXperia史上最大のバッテリー容量になるという結構信頼性の高い情報もあります。

また、XA2やL2もかなり大容量のバッテリーを搭載すると言われており、アーチ上の裏面デザインがこの大容量電池の搭載を可能にしたとも言われています。

2018年Xperiaはひょとすると全体的に搭載バッテリー容量の大幅アップが1つのテーマなのかもしれませんね。