2018年版Xperia、6、5.5、5.2インチのカバー画像がリーク、指紋センサーは背面に移動

サイズの異なる2018年版の新型Xperia、3モデル向けのものとされるバックカバーの画像がリークされていました。

あくまでカバーなので、多くのことは分かりませんが、指紋認証センサーが裏面に配置されることは確か。

SONY11、SONY22、SONY33とありますが、これが直接モデル名と関係があるのかは分かりません。

ただ、こちらでまとめてあるように2018年版Xperiaではすでに9モデルの存在がUaprof上で確認されており、この内の3モデル向けのものだと思われます。

また、ESATO上ではこのバックカバーは6インチ、5.5インチ、5.2インチの2018年版ミッドレンジXperia向けのものとされています。

ちなみに数ヶ月前、Xperia XZ1とXZ1 Compactが正式発表されるちょっと前には背面に指紋センサーを搭載した謎のミッドレンジと思われるXperia機種の画像がリークされていました。

当時”G34XX”としてリークされた謎のXperia

カメラレンズ、レンズ横のセンサーやLED、そして指紋認証センサーの位置はピッタリと合うように見えます。

よって、このバックカバーのうちの1つはこの以前の画像のXperia向けのものという可能性が高そうですね。

S845搭載+5.5インチの新型Xperia “H8216″のスペックがリーク、XZ1と同サイズで5.5インチでXperia XZ1sもしくはXZ2か?