2018年版iPhoneは6インチ超えのみで5インチ台はなし。iPhone SE2のリリースはキャンセル

以前より噂に挙がっていた新型iPhoneで、iPhone Xの廉価版+小型版と言われ、iPhone SEの後継機として位置づけられていた通称iPhoen SE2。

この小型版iPhoneのリリース予定がキャンセルされたことが明らかになった模様です。

Forbsが信頼できるソースから得た情報として伝えたもので、これによると、2018年版のiPhoneは合計2モデル

1モデルは6.1インチの”廉価版 iPhone X“、もう1モデルは6.5インチのiPhone X Plusになるとのこと。

ちなみにiPhone Xと今年の2機種のサイズ比較をすると:

iPhone X – 143.6 x 70.9 mm
廉価版’ iPhone X – 147.12 x 71.52 mm
iPhone X Plus – 157.2 x 77.1 mm

つまり、いずれのモデルも昨年のiPhone Xよりも大きくなり、今年は5インチ台のiPhoneはリリースされない、ということになります。

また、今回の情報によって、間接的にiPhone 9シリーズは存在しない、ということにもなったようですね。

ソース

コメント

  1. 名無しさん より:

    液晶ディスプレイの次期チープモデルiPhoneが最後の希望だったJDIはもうおしまいだね