2018新型iPhoneのカラバリは過去最多、7~8色でオレンジやブルーも

例年通りならば9月に発表される2018年版の新型iPhone

今の所の情報では”iPhone X Plus”とされるiPhone Xの大型版に加え、iPhone Xの廉価版がリリースされると言われていますが、この2018年版iPhoneのカラーバリエーションについて興味深い新情報がでてきました。

有名リーカーOnLeaks氏からのもので、2018年版iPhoneは現在のプロトタイプの段階でホワイト、ブラック(スペースグレー)、グレー(明るい灰色)、レッド、ブルー、イエロー、オレンジが存在し、ピンクについてはまだ検討段階とのこと。

つまり、次期iPhoneは最低でも7色、多ければ8色展開になる、ということになります。

また、同氏によれば当初はグリーンも検討されていたそうですが、これは最終的にキャンセルとなった模様。

ちなみにiPhone 8は後発のレッドも含め4色。また、カラフルなカラバリで話題を集めたiPhone 5cですら5色展開だったので、iPhone史上、最多のカラバリということになりそうです。