4GB RAM搭載、謎のiPhoneのベンチマークスコアが発見

今年9月にリリースされる2018年版の新型iPhone

今の所の情報では最低でも6.1インチと6.5インチの2モデルが展開される言われています。

また、2018年版iPhoneは今の所の情報では”iPhone 9”という名称は使われず、iPhone Xシリーズの派生?機種になる可能性が高そう。

そんな未発表iPhoneのものと思われるiPhoneのベンチマークスコアが発見されました。

iPhone 11,2という型番?になっていますが、iPhone XがiPhone10,2、あるいはiPhone 10,6であること、また、MotherboardがD321APとiPhoneXのD22APから一桁挙がっていることから2018年版の次世代iPhoneのものであると考えられます。

また、ご存知のように既存のiPhoneは最上位機種のiPhone Xでさえメモリは3GB RAM。それに対しこの新型iPhoneでは4GB RAM搭載となっています。

一方、スコア自体は1万ちょっととiPhone XやiPhone 8シリーズとほとんど変わらず。

ただこれはまだチューニング不足という可能性もあり、最終的な性能を表しているかは不明です