2016年版Nexus 7は「Nexus 7P」。S820、有機ELのWQHD、4GB RAM、64GB ROM搭載

先日、GoogleはPixelとPixel以外にHuawei製の7インチタブレットをリリースするというリーク情報とともに、これが2016版の「Nexus 7」にあたるのでは?という件をお伝えしました。

そして今回、この新型Googleタブレットについて一歩踏み込んだ情報がでてきました。

PHANDROIDが伝えたもので、これによると、今年Googleがリリースするファーウェイ製タブレットは「Nexus 7P」というモデル名になるとのこと。

スペックは:

・7インチ AMOLED 2560 x 1440(WQHD)ディスプレイ
・CPU: Snapdragon 820
・GPU: Adreno 530
・メモリ:4GB of RAM
・ストレージ容量:64GB
・カメラ:13MP

Nexus 7なので2013年版Nexusと比べるとかなり大幅なスペックアップです。

まあ、3年ぶりなので当たり前といえば、当たり前ですが。

ただ、タブレットでS820搭載というのは嬉しいですね。

また、ディスプレイもNexus 7としては初の有機ELになるという点も気になります。

Nexus 7は3年前のモデルでもまだ愛用者が多いと聞くので、今回3年ぶりに「Nexus 7復活」となればかなり人気がでそうですね。

コメント

  1. A77777 より:

    スナドラ820なんか要らない…

  2. tensho より:

    Huawei P8max(6.8インチ、1920*1080)のNexus7版と思うので、
    この画面比で
    WQXGA(2560*1600)ではなくWQHD(2560*1440)となるのですね。
    これでようやくXperia Z Ultraの真性後継機となることが期待大です。
    Xperia Z Ultraは胸ポケットに入る最大サイズなので
    これより横幅が大きくなることはないでしょう。
    したがって、7インチ弱でも7で通用します。
    Nexus 7 2013はポケットに入らないし、重い。
    P8max様のNexus 7 2016なら大丈夫。
    ストレージは、128GBか256GBもあるといいな。MicroSDサポート付きでも。
    Xperia Z Ultraの全機能は取り込んでほしい。
    個人的にはストラップホールも漏らさず付けてほしいところです。