2016版の新型Nexusは「Google製」に?OEMブランドを廃止。デザインもPixel風に統一か。

201606020953

早ければ夏頃、遅くとも秋にはリリースされると言われている2016年版のNexusスマートフォン。

今のところ、HTCが生産担当の有力候補として挙がっていますが、この新型Nexusではいままでとはちょっとことなる「ブランディング」展開がされるようです。

9TO5GoogleがGoogle CEOのインタビュー内容を伝えたもので、これによると、2016年版Nexusは以前のNexusとは異なり端末の開発自体がGoogle主導で進められているとのこと。
(“more thought”、“more opinionated”)

また、同記事によると、今回の新型NexusからはOEMブランド自体が廃止される可能性が高いとのことです。

ご存知のようにNexusシリーズは2010年の初代からいくつかのメーカーがOEMとして生産を担当しており、それぞれにOEMのブランディングがされていました。

その為、それぞれのNexusはOEMごとの「〇〇製のNexus」といった呼ばれ方をしていましたが、これが2016版Nexusからは純粋に「Google製」というブランドになるということだと思われます。

(iPhoneが実際の製造OEMとは無関係に「Apple製」となっているのと同じ認識で良いと思います)

となると、具体的には各モデルの背面に刻印されていたOEMロゴ自体がなくなる可能性も十分にありますね。

なお、デザイン的にも、今までは各メーカーのデザイン的な特徴が大きく反映されていたNexusですが、今回のNexusからはPixelラインのデザインに統一されるとのことです。