Nexus 6Pの後継機、2016年版Nexus 「Marlin」のスペックが判明。5.5インチWQHD、4GB RAM、3450mAhバッテリー搭載で

201606301516

今年秋にリリース見込みの2016年版Nexus。

今のところの情報では2016年はHTCが生産担当となり、現在「Sailfish」と「Marlin」というコードネームで開発されていると言われています。

そして先日、5インチの「Sailfish」のスペック情報がリークされていましたが、今度はこの兄弟モデルとなる「Marlin」についてもかなり具体的な仕様が判明した模様です。

Android Policeが「独占情報」として伝えたもの。

2016年版Nexus 「Marlin」の主なスペック:

・生産メーカー:HTC
・ディスプレイ:5.5インチ (2560×1440) AMOLED(有機EL)
・CPUチップ:Qualcomm製クアッドコア (具体的なモデル名は不明)
・メモリ:4GB RAM
・バッテリー容量:3450mAh
・ストレージ容量:32GB/128GB
・メインカメラ:12MP
・フロントカメラ:8MP
・端末裏面に指紋認証センサー搭載
・USB-C port
・端末下部にスピーカー(デュアルスピーカーかは不明)
・Bluetooth 4.2対応

ちなみに以下が先日リークされたNexus 「Sailfish」のスペック:

・生産メーカー:HTC
・ディスプレイ:5インチ 1080p (~440PPI)
・CPUチップ:2.0GHz クアッドコア 64-bit プロセッサ (モデル名は不明)
・メモリ:4GB RAM
・バッテリー容量:2770mAh
・ストレージ容量:32GB (複数モデルがあるかは不明)
・メインカメラ:12MP
・フロントカメラ:8MP
・端末裏面に指紋認証センサー搭載
・USB-C port
・端末下部にスピーカー(デュアルスピーカーかは不明)
・端末上部にヘッドフォンジャック
・Bluetooth 4.2対応

この感じだと、「Sailfish」がNexus 5Xの後継機、この「Marlin」がNexus 6Pの後継機といった位置付けっぽいですね。

スペック的にもこのMarlinは6Pから順当な進化、といった感じ。

クアルコム製のクアッドコアとのことなので、これはおそらくSnapdragon 820、あるいはそのアップグレード版のS821/S823で間違いないと思われます。

ディスプレイはMarlinが有機ELの2Kディスプレイ、Sailfishは液晶FHDとなっています。

また、ストレージ容量についてはMarllnには128GB版が存在。これはmicroSD非対応であろうNexusモデルにとってはかなり嬉しい容量ですね。

バッテリー容量はNexus 6Pと同じですが、ディスプレイサイズが0.2インチ小さくなっている分、電池持ちにも期待ができそうです。

ただ、一部では今年はGoogleがNexusとは別に独自開発するGoogleブランドのモデルをリリースするという情報も挙がっています。

この「Google Phone」が「Sailfish」あるいは「Marlin」なのか、はたまたまったく別の機種なのか、非常に気になるところですね。

ちなみに今回のこのリーク情報の信頼性は9/10とのこと。

前回のSailfishのスペックリークの際の8/10よりも高くなっているので、かなり信ぴょう性は高いと思われます。