2016年版の次期Nexus、Asusが生産担当か?同社会長、「Stay tuned」と仄めかす

201510220831

Nexusと言えば、先日リリースされた「Nexus 5X」と「Nexus 6P」が話題の中心ですが、一部ではすでに「次期Nexus」への関心も高まっているようですね。

というのも、台湾のPCメーカー、Asusがすでに次期ネクサスの開発を進めている可能性があるようです。

Trusted ReviewがAsusのJonney Shih会長へのインタビュー内容を伝えたもの。

インタビューアーに今後のNexus機種について尋ねられた同会長は、「Actually, we have a lot of projects ongoing, Please just stay tuned, you know, stay tuned」とコメント。

現在AsusがGoogleと複数の共同プロジェクトに取り組んでいることは確実なようです。

また、「Stay tuned」とは直訳ではテレビなどで「チャンネルはそのまま」という意味ですが、ここでのニュアンスは「乞うご期待」とか「お楽しみに」といった感じ。

しかもそれを2回繰り返すというのはなんか意味深ですね。

つまり、若干拡大解釈すると、AsusはGoogleと何らかの共同プロジェクトを進めており、そのうちの一つが次期Nexusの開発、とも受け取れます。

ご存知のように、今年はGoogleはNexusスマートフォンは2モデルリリースしましたが、Nexusタブレットはリリースしていません。

そういえば、Nexus 5X、6Pの発売直前には一時期Nexus 8の存在が噂されたこともあります。

ひょっとしてこの「Nexus 8」のOEMがAsusになるのでしょうか。

一方、Asus+NexusというとNexusタブレットの印象が強いですが、zenfone2シリーズでスマホメーカーとしての知名度も確実に上昇しています。

よって、タブレットではなく、2016年版NexusスマホのOEMとして白羽の矢が立っても不思議はありません。

とは言っても、まだ先の話。じっくり続報を待つとしましょう。