新型Nexus 6 2015、世界初の全LTE規格・バンドに対応した「グローバルLTE」機種になるかも

201509060242

Googleの2015年版新型ネクサスの一つ、「Nexus 6 2015」。

5.7インチディスプレイのHuawei製で、かなり細かなスペックまでリークされていますが、この新型Nexus 6にはその他にも重要な特徴があるようです。

少し前の記事ですが、BGRが伝えたもの。

これによると、Nexus 6 2015年版は世界初の「グローバルLTE」機種になる可能性が高いとのこと。

ご存知のように、LTEには国・地域やキャリアなどによって規格や対応バンド(帯域)が異なり、機種によっては海外に行くとLTE通信が使えない、というのはよくあることです。
(例えば国内向けNexus 5はアメリカではLTEバンドに非対応で3Gしか使えません)

しかし、この新型Nexus 6は全てのLTE規格(FD-LTE とTD-LTE)やバンドに対応した世界初の機種になる模様。

実際に全てのLTE通信可能なスマートフォンをチェックしたわけではありませんが、少なくとも、世界中のLTE規格・バンドに対応していると謳っている「グローバルLTE」対応機種、というのはいままでではなかったと思います。

Googleは将来的に、スマホやタブレットを世界中どこにいてもローミングコストなしで使えるようにする、という一つの目標を掲げているとも言われています。

今年米国で始まったGoogleによるMVNOサービス「Project Fi 」もその一環だと言われており、ひょっとすると近い将来、Androidスマホは全てのLTE規格に対応+ローミングコストゼロ、なんていう夢の様なサービスが実現するかもしれませんね。